論文タイトル:Total Synthesis of Applanatumol B
著者:Kyohei Uchida, Yuichiro Kawamoto, Toyoharu Kobayashi, Hisanaka Ito*
掲載誌:Organic Letters

 

本論文は applanatumol B という天然物の全合成研究に関するものです。applanatumol B は中国に生育する mashroom より単離された腎保護作用を有する天然物で、三つの環が縮環したユニークな構造を特徴とします。今回の合成研究では、シクロペンタン上の連続する不斉中心を巧みに制御しつつ、14工程にて全合成を達成しました。天然物には珍しくラセミ体として単離されてますが、生理活性面での関心から光学活性体の合成研究も行なっており、今後も継続して論文発表していく予定です。

 

 

筆頭著者である内田恭平さんからのコメント
本論文は私にとって初めての論文であり、アクセプトされたときはとても嬉しかったです。このテーマは研究室配属時に頂いたテーマです。新規テーマだったため一からのスタートでしたが、根気強く研究を続けた結果、全合成を達成することができました。今後も1報でも多くの論文を出せるよう研究に励みたいと思います。

 

内田OL.png