卒業生メッセージ

学んだことを整理し、知識の引き出しを作る

藤井 かおり さん

平成23年 大学院修士課程修了 (環境ストレス生理学、現環境応用動物学研究室)
旭化成ファーマ株式会社 臨床開発センター 臨床開発部 勤務

 私は、臨床開発職として、研究部門で合成された新薬の候補が人体に安全で、有効な効果があるかを確認する仕事にたずさわっています。この仕事は、新薬を世に出せるかどうかを決定する重要なステップです。私たちの仕事は医師と協力し、病気に苦しむ人々の負担を軽減する薬を開発することです。私たちは常に「この薬を待っている人がいる・・」そんな思いで日々の業務に励んでい ます。

 東薬では「学んだことを整理し、知識の引き出しを作ること」の重要性を教えて頂きました。生命科学部では多岐に渡る知識を習得することが出来ます。知識の引き出しはコミュニケーションツールの一つにもなりますし、調べ物をする際には答えにたどり着くまでの近道にもなります。

 東薬には多くの自然と充実した研究設備があるため、スポーツや学業、研究など自分が注力したいことに打ち込める環境が整っています。多くのことにチャレンジし、自分の力でカタチ(成果)にすることにこだわりを持って取り組む姿勢は社会に出てからも大きく役立ちます。社会に出れば多くの東薬の先輩方が皆さんを支えてくれます。私の会社にも東薬出身の先輩方がたくさん居てとても心強い存在です。歴史ある東京薬科大学ならでは、だと思います。